断食

断食は最良の薬!風邪は食べなきゃ治る。風邪のときは食べるな!

断食は最良の薬
みなと
みなと
こんにちは。みなとです。

そろそろ風邪が流行る時期になってきました。みなさんは体調を悪くしてはいませんか?

今回は風邪についてみなさんの常識を覆すことを記事にしたので、ご一読下さいね。

 

風邪は食べなきゃ治る!?

『風邪をひいたらしっかり食べて栄養をとれば治る』

これは世間一般の常識ですよね。私自身も長年そう思い続けてきました。

しかし、しっかりと食べて栄養をとることは「風邪を治すこと」においてはむしろ逆効果なのです。

しほり
しほり
なぬっ!おかんの教えは間違ってる!?
みなと
みなと
どうして食べないほうがいいのか説明します。

 

食べなければ風邪が治る理由

「食べなければ風邪が治る」のには2つの理由があります。

  • 食べると消化・吸収にエネルギーを使ってしまう
  • 断食が体の免疫機能をアップする

 

食べると消化・吸収にエネルギーを使ってしまう

走っている夫婦

しっかりと食事をとることは、胃腸に大きな負担がかかります。食べたものを消化・吸収するために、たくさんのエネルギーを必要とするからです。

1日3食の消化・吸収に必要なエネルギーは、フルマラソン1回分に相当すると言われています。

ぽんちゃん
ぽんちゃん
じゃあ、毎日3食食べたほうがいいんだね!しかもエネルギーを消費しているから痩せるかな?
みなと
みなと
ぶー!それはちょっと違うよ。

 

1日3食食べている人は、毎日42.195kmのフルマラソンをしているのと一緒なのです。これでは体も休まりません。

消化・吸収に体のエネルギーのほとんどを使ってしまうので、風邪を治すために十分なエネルギーが使えなくなります。その結果、風邪の治りが遅くなってしまうのです。

風邪のときに断食をすると、消化・吸収に使うはずだったエネルギーを風邪を治すために使うことができるので、治りは早くなります。

ぽんちゃん
ぽんちゃん
へぇ~!風邪を引いたら食べなきゃだめだと思ってたから、目からウロコ!

 

断食が体の免疫機能をアップする

病気で寝ている犬

断食をすると、体が飢餓状態になります。そうなると、私たちの身体は「このままじゃ死んじゃうよ」と体の生命維持装置が働きます。

断食をすることで、免疫力・自然治癒力・デトックスなどが促進され、白血球などの免疫細胞が増え、活発になります。白血球などの免疫細胞は風邪のウィルスを退治してくれるので、風邪の治りは何倍も早くなります。

 

野生動物は本能で「断食すれば体の免疫機能をアップする」ことがわかっているので、病気やケガをしたときは、何も食べないでじっと体を休めるのです。

みなと
みなと
自然に逆らっているのは人間だけなんです。

 

【まとめ】風邪の時は断食すれば、治ります

風邪のとき、食欲がなくなる人も多いと思います。これは「体が今は食べない方がいいんだよ」と教えてくれる本能の1つなのです。

しかし、『風邪をひいたらしっかり食べて栄養をとれば治る』と世間一般では常識と考えられているのせいで、治る風邪も治らずに、長引いてしまうのです。

みなさんが常識だと思っていたことが、非常識であったことはおわかりいただけたでしょうか。

 

忙しい日々の中でもたまには『体の内なる声に耳を傾けてみる』ことは大切です。

ぜひ、自分の体と向き合ってみてください。

みなと
みなと
1日1回、自分の体の声を聞いてみてください。