雑学

銀杏の簡単な食べ方紹介|おいしくても、食べ過ぎは銀杏中毒になります

銀杏の簡単な食べ方|おいしくても、食べ過ぎは危険です

「銀杏」っておいしいですよね。

おいしいんですが、フライパンで煎るのはちょっと手間だと思いませんか?

 

私は銀杏が大好きで、よく実家からもらってくるんですが、いつもフライパンを出して煎るのが面倒だなと思っていました。

フライパンで煎らなくても、簡単に銀杏が食べられたらいいですよね。

 

本記事では、レンジと封筒で簡単に食べられる銀杏の食べ方を紹介しています。

ちなみに、銀杏は中毒があって、食べ過ぎると危険です。

この記事では銀杏中毒についても書いていますので、銀杏の危険性も知っておいてください。

 

本記事を読めば、以下のことがわかります。

  • レンジを使った簡単な銀杏の食べ方
  • 銀杏を食べ過ぎると中毒になるって本当?

銀杏好きなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

レンジを使った簡単な銀杏の食べ方を紹介します

レンジと封筒を使った銀杏の簡単な食べ方

レンジと封筒を使った銀杏の簡単な食べ方を準備します。

材料は、銀杏と封筒だけです。

銀杏

銀杏を封筒に入れます。

紙袋に入れた銀杏

封筒のフタはよく閉じてください。

なぜなら、銀杏はレンジをすると、激しく音を立てて弾けます。

フタをしていないとレンジの中で爆発して大変危険だからです。

 

2分レンジしました。

2分レンジした銀杏

ぷっくりつやつやしています。

銀杏

 

ちなみに4分レンジすると、銀杏が爆発しますので、気を付けてください。

4分レンジした銀杏

銀杏は固くなって、もちもちとした食感はありません。

水分がなくなり「ボリボリ」「バリバリ」した食感になりました。

(補足)固い銀杏も意外にイケます!おいしいです。

 

銀杏をレンジすると、銀杏臭が強くなります

くさくて鼻をつまんでいる女性

銀杏をレンジすると、銀杏の匂いが強くなるので気を付けてください。

私は銀杏のにおいが嫌いではいので、気にならなかったんですが、主人は銀杏の匂いがダメで「くさいくさい」言っていました。

レンジをすると、銀杏独特のにおいが強くなるようです。

 

銀杏中毒の危険性

銀杏を食べ過ぎると「死亡」することもある

銀杏を食べ過ぎると「死」に至ることを知っていますか?

実際に銀杏を食べ過ぎたことによって「死亡」してしまった例が、過去に2件報告されています。

 

銀杏は中毒を起こす食べ物として、昔から「年齢の数以上を食べてはいけない」と言われています。

 

銀杏を食べ過ぎると、中毒症状が出る

頭が痛い女性

銀杏を食べ過ぎると、頭痛・吐き気・嘔吐・痙攣などの中毒症状が出る場合があります。

理由は、銀杏に含まれているビタミンB6の働きを阻害する物質が原因です。

 

ビタミンB6の働きを阻害するので、銀杏を食べると、ビタミンB6が欠乏した症状が出ます。

銀杏に含まれるある成分が偽のビタミンB6の役になりきるんです。(偽の役を演じるなんて悪い奴ですね!)

しかし、実際は偽のビタミンB6なので、本来のビタミンB6の役割をしません。

結果として、ビタミンB6が欠乏して、中毒症状が出ます。

 

銀杏による中毒死は2例だけですが、銀杏中毒になったという報告は多数あります。

 

中毒になる銀杏の量は、大人は40~300個

銀杏

銀杏中毒になったと報告された例は、子供は7~150個大人は40~300個です。

銀杏の数に差がある理由は、日常に摂取しているビタミンB6の量による差だそうです。

 

特に、小さい子供はまだ解毒機能が発達していないので、注意してくださいね。

5歳以下の子供は危険ですので、2個以下にして様子を見ましょう。

 

中毒症状が出るのは、食べてから1~12時間後で、大抵は24~90時間以内に回復するそうです。

 

銀杏40個なんて、あっという間に食べてしまうので、気をつけましょう。

 

【まとめ】銀杏は簡単に食べられるけど、食べ過ぎ注意!

銀杏

銀杏はレンジと封筒を使って簡単に食べらます。

でも、食べ過ぎは銀杏中毒になるので、気をつけましょう。

繰り返しますが、銀杏は「年齢の数以上食べていはいけません」よ!

毎日数を決めて食べるようにしましょう!

 

▼銀杏を購入したい方はこちら