雑学

カーリングのルール・魅力を徹底解剖|予想以上に面白いスポーツです

カーリングのルールと魅力を徹底解剖|予想以上に面白いスポーツです

カーリングを地味なスポーツだと思っていませんか?

 

実は、私はカーリングは地味なスポーツだと思っていたんです。

でも、平昌オリンピックをきっかけにカーリングを見始めたら、カーリングの魅力にどっぷりハマってしまいました。

この魅力に気付かなかったなんて、人生の1/10ぐらい損していたかもしれません!

 

本記事では、カーリングをあまり知らない人のために「カーリングのルール」と「カーリングの魅力」について書いています。

  • カーリングは地味なスポーツだと思っている
  • カーリングのルールを知らない
  • カーリングの何が面白いのかわからない

一つでも当てはまるなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

カーリングを見たくなること間違いなしですよ。

 

カーリングを徹底解剖

カーリング

カーリングの基本

まずはカーリングの基本から説明します。

カーリングを見ていて気が付いた人もいるかもしれませんが、カーリングに審判はいません。

ゴルフと同じように、各個人のスポーツマンシップにのっとってプレイされます。

 

カーリングを簡単に説明します。

  • 2チームで競うスポーツ。
  • 氷の上で行われる。
  • チーム人数は4人。(補欠は1人登録できます)
  • 高度な戦略とテクニックが必要なので「氷上のチェス」と呼ばれる。
  • 1試合の所要時間は約2時間30分。

 

カーリングで使う道具

カーリング

カーリングで投げるものはストーンと呼ばれ、重さは約20kg、直径は30cmです。

氷をはいているものはブラシと呼ばれています。

ブラシで氷をはくことをスイープといいます。

はく行為をスウィーピングと言って、スウィーピングすることでストーンをコントロールしています。

 

カーリングのリンク

カーリングのリンク
出典:カーリングJapan!

 

カーリングのルール

簡単にカーリングのルールを説明しまね。

この基本ルールさえ押さえておけば大丈夫です。

  • 2チームが交互にストーンを投げる。
  • 4人が2回ずる投げて、計16回投げて1エンドが終わる。
  • 試合は計10エンドで、得点の高いチームが勝つ。
  • 攻撃の持ち時間は全部で73分。(1エンドあたり約15分)
  • 最初以外は、前のエンドで得点を取ったチームから投げる。
  • エンド終了時に、ハウスの中心に一番近いストーンがあるチームに得点の権利があり、相手チームより中心に近い数が得点になる。
  • ハウスの外にあるストーンは得点にならない。
  • 片方のチームは必ず0点になる。

 

ハウスに近いチームに得点が入るので、後攻で投げるチームのほうが圧倒的に有利です。

後から投げるチームは、もし相手のストーンが中心にあっても、はじけますからね。

ということは、後攻チームは1点取れて当たり前という考えなので、後攻の場合は1点以上を取らならなければありません。

 

カーリングの得点の数え方

基本的なルールさえ覚えれば、得点の数え方は簡単です。

基本的なルールは、カーリングのルールで紹介したことです。

  • エンド終了時に、ハウスの中心に一番近いストーンがあるチームに得点の権利があり、相手チームより中心に近い数が得点になる。
  • ハウスの外にあるストーンは得点にならない。

 

では、得点の数え方を見ていきましょう。

 

①1-0(赤―黄)

カーリングの得点

出典:長野県カーリング協会

この場合は、赤チームが1点で黄色チームが0点です。

中心に近いのが赤なので、赤チームに得点の権利があります。

次に中心に近いストーンは黄色チームなので、赤チームは中心にあるストーン以外は得点になりません。

 

②0-2(赤ー黄)

カーリングの得点
出典:長野県カーリング協会

この場合は、黄色チームは2点で赤チームが0点です。

中心に近いのが黄色なので、黄色チームに得点の権利があります。

黄色チームは相手の赤チームより中心に近いストーンが1個あるので、計2個になり、2点入ります。

 

③0-0(赤ー黄)

カーリングの得点
出典:長野県カーリング協会

この場合はどちらのチームもハウスの中にストーンが入っていないので、得点が入りません。

 

得点の数え方はわかりましたでしょうか?

こうやってみると、得点の数え方も簡単ですよね。

 

カーリングのポジションの役割

カーリングのチームは4人で構成されていますが、それぞれポジションには役割があります。

4つのポジションは、「リード」「セカンド」「サード」「スキップ」と呼ばれます。

リード

  • 1番目に投げる選手で、1・2投目を投げる。
  • 自分が投げるとき以外は主にスウィーパー(掃き手)を担当する。

 

セカンド

  • 2番目に投げる選手で、3・4投目を投げる。
  • 自分が投げるとき以外は主にスウィーパー(掃き手)を担当する。

 

サード

  • 3番目に投げる選手で、5・6投目を投げる。
  • スキップが投げるときは、スキップの代わりにハウスで指示を出すことが多い。

 

スキップ

  • 4番目に投げる選手で、7・8投目を投げる。
  • 自分が投げるとき以外は、ハウスから指示を出す。
  • 「チームの司令塔」

 

カーリングの魅力を徹底解剖

カーリングの魅力は、戦術とテクニック

カーリングの面白さは、『戦術とテクニック』です。

相手チームがうまくゲームを進められないように、いろいろな戦術を立てます。

 

例えば、ハウスの中心手前にストーンを置いたり、相手チームのストーンの通り道を邪魔するようにゲームメイクをします。

ときには、相手チームのストーンにぶつけて、ハウスの外にはじいたりします。

氷をはくスウィーピングでストーンのスピードやカーブする角度などを調整できます。

ただ氷をはいているのではなく、高度なテクニックが必要です。

戦略とテクニックが絡み合ってゲームが進んでいきます。

 

自分だったらここにストーンを置くという風に考えながら見るのがすごく面白いんです。

素晴らしテクニックを見たときもたまりません!

 

カーリングの魅力にはまっている人の口コミ

カーリングの魅力に取りつかれている人がたくさんいます!

 

【まとめ】カーリングのルールは簡単だし、戦術とテクニックが面白いスポーツ!

少しはカーリングのことと魅力をおわかりいただけたでしょうか?

カーリングは基本的なルールさえ覚えれば、わかりやすく誰でも楽しめます。

ストーンをなげて、氷を磨く地味なスポーツじゃありませんよ!

 

戦略とテクニックが入り混じったカーリングをぜひ楽しみましょう!